いつもここから

御茶ノ水橋より
RICOH GR DIGITAL2 / ISO400
御茶ノ水橋より

悲しいとき~、にくるわけではない。
ここを通ると必ずカメラを出してしまうので。

エレベーターができたらまた風景がかわるのか。
どうせオリンピックのために工事やるんだなら、この際いったん駅を廃止にして、
全部造りなおすのもいいんじゃないかな。

話は変わるが、先日『ニコマートFTN』というカメラを中古で買った。
ニコンの中級向け?フィルム機であるが、どう考えてもコンビニが頭に浮かんでしまう。
うちの近くにはあったけど、あれって全国に展開してたのかな?

発売は1967年。
なんと、調べてみたらオレの持っている一眼レフ、オリンパスペンFTが1966年。ペンタックスSLが1968年発売だそうだ。何かこのあたりの年と縁があるんだろうか。それとも現在45~47歳の方々と縁があるのか。ただ、最も生きてみたかった時代ではある。佐藤栄作がいた時代だし。トヨタのハイエースが生まれた年でもあるようだ。同時に公害も増えた時代か。

とにかくコイツはニコンのプロ向けカメラ開発の技術が発揮された、『普及機』であるそうだ。
どうやらニコンはカメラ界の一流メーカーらしい。(google調べ)
ソニーのように、新製品を初めは高値で販売し、マニアからの口コミやら苦情やらを得てから、量産に入るという、そんなやり方でプロ・アマ問わずカメラファンを満足させてきた会社のようだ。
理に適ったやり方なんだろうが、個人的には好みではない。もちろんソニーも嫌いだ。ウォークマンはアイワに限る。

ニコマートFTN

そんなこんなで、人生初のニコンを手にしました。
触っただけで、『ゴツさ』がわかるマッチョです。また、ファインダーが超見やすい。
前言を撤回して、『期待できそう』なカメラです。
さっそく日曜日にフィルムを詰めて出かけてきます。
行き先は上野動物園か。う~ん、帰りにアメ横に寄らせてもらおう。